初めての駐在~違いと変化を楽しむ暮らし

転勤で2016年から3年限定でフィリピンで暮らしています。日本では体験できないおどろきの毎日!

フィリピンの人々~シーズン2、お手伝いさん

みんな大好き、お手伝いさん

アジアに駐在すると、もれなく雇えると思ってたりする団塊世代多いです。

雇えるというか、選択です。うん。

 

お手伝いさんも人間です。

選ぶ権利は双方にありますよ~と。

 

お手伝いさんの話の前に、なぜお手伝いさんを雇うことになったのかまとめますね。

 

我が家がお手伝いさんを雇うことになった経緯

ずばり、私が体調を崩したからです。

 

兄はスクール、妹は1歳、家ですごす分には何も不自由ありません。

 

掃除、洗濯は日本にいたときやっていたし、

料理は苦手だから実家に助けてもらっていたけど、やろうと思えばできる。

だから、お手伝いさんは要らない。そう思っていました。

もしも、タイミングや、あう人がいたらラッキーぐらい。

 

でも、引っ越して2か月でげっそり痩せた私。

病院にかようこと数回、「ストレスです」と。

そりゃ、体調が悪いのだから届いた船便の整理もままならない。

見かねた夫が「お手伝いさんを雇おう」と言ってくれました。

 

お手伝いさんの見つけ方

見つけ方は私の説明よりも、他の方のブログを参考にされたほうがいいかなと。 

 

一応、我が家は、まずは「日本人会の掲示板」を見ました。

見に行けたのも、体調不良の検査をしたときでした。笑

タイミングだと思うのですが、情報は2名のみ。

アクションとってみたけれど、すでにインタビューも終わりほぼ内定していました。

 

途方にくれた私は、

まだ知り合って間もないひとたちに、

お手伝いさん雇いたいんだけど・・・

週3ぐらいでいいから・・・

何かあったら教えて・・・

みたいな感じでつぶやきまくりました。

 

すると、ふとしたきっかけで知り合った友達と、息子のスクールが同じママから連絡が。

「お手伝いさん、紹介できるよ」と。神様、ありがとう。

 

インタビュー

二人にテキストを送って、インタビュー。

夫がインタビューのために戻ってきてくれるとのことで、

・7月〇日の12時に我が家にきてね

・1時間インタビューのあとに2時間ぐらい掃除その後は子どもと遊んでね

まったく同じことを送りました。

 

★一人目の反応 OK,Mam.

★二人目の反応 OK,履歴書以外にもっていくものはありますか?子どもは何歳ですか。部屋の間取りを教えてください。掃除道具は何があるか教えてください。

 

・・・もう、採用どちらにするかほぼ決まった感じもありましたが。

 

インタビューの前日に、私も再度テキスト。

・明日、お待ちしています。

 

★一人目の反応 OK,Mam.

★二人目の反応 明日、みなさんに会えるのを楽しみにしています。

 

・・・そう、もうこの時点で決まっていたのかもしれない。

 

お二人とも、履歴書もってきてくれて、

インタビューや、過去の日本人歴なんかを話てくれました。

 

と、穏やか風ですが、

一人目の方は、大遅刻。来たのは13時40分でした。

年末に休暇を10日以上ください、残業代はでますか、前借は可能ですか、と。

うんうん、不採用。

 

二人目の方が来る前に、不採用連絡しました。

 

二人目の方もダメかもね、

と夫と言いながら、翌日インタビュー。

 

二人目の方は、時間より早めに到着。

夫が帰宅する前に家の中をひとまわり見学。

履歴書とともにレコメンドシート(紹介状)を2枚だす。

日本人の名前が記載されているレコメンドシート。

履歴書にもびっしり日本人の名前。

そして、申し訳なさそうに一言「料理はできません・・・」と。

 

掃除してもらったり、娘と遊んでもらっていたところ、娘が抱っこされて寝ている。笑

 

この人に決めた!

 

というわけで、お手伝いさんが決まりました。

もっと難航すると思っていたのに、すぐ決まった。

 

それから

はじめは、週3回きてもらいました。

シェアしている方ともコンタクトとれるようになり、こんなとき、あんなときも尋ねられるようになりました。

曜日を一時的に変えたいときも連絡とりあえてとても助かっています。

 

家の荷物をアレンジしてくれて、とても住みやすくなりました。

洗濯も回すところまでは自分でやりますが、干したり畳んだり、ルールをもってやってくれるので気持ちがいいです。

掃除もすみずみまで。娘や息子のおもちゃを水拭きしてくれることもあります。

 

 

そして、一番助かっているのは、

メンテナンスのときに同席してくれること!!

メンテナンスや修繕の業者さんに、タガログ語で話してくれて、

それを英語で通訳してくれる。助かる・・・本当に助かってます。

 

 

が、このお手伝いさん、

あと一ヶ月で一年たつね、ありがとう。契約書更新しよう!となったときに、

「はげしい給料値上げ」がはじまったのです・・・。

 

つづける?

づつくの?笑