読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての駐在~違いと変化を楽しむ暮らし

転勤で2016年から3年限定でフィリピンで暮らしています。日本では体験できないおどろきの毎日!

おでかけJAPAN~井の頭自然文化園

動物園に憧れて

息子「動物園にいきたい!

   だってフィリピンだと、ママが暑いから行きたくないっていうから!」

 

そう、私、

暑いから動物園行きたくないと断りつづけてきました。

だから、「動物園、寒いから行きたくない」なんて言えなかった。

 

2017年1月に行ってきました。ええ。寒かった。

 

井の頭自然文化園

井の頭自然文化園というのは、名前は固いのですが、

動物園です。

www.tokyo-zoo.net

 

動物園は、2か所に分かれていて、

小さな遊園地がある動物園と、

池のそばで魚や水辺の鳥を中心とした水生園があります。

 

チケット一枚で、どちらも入園可能。

小学生以下は無料で、65歳以上だと200円です。一般は400円。

 

こじんまりとした動物園なこともあり、

大きな動物はいません。

そう、はなこさんがいなくなった今、たぶん一番大きい動物は、

・・・鹿?カピバラ?な感じです。

 

でも、とってもいいんです。

こじんまりしているからこそ、飼育員さんもすごく親切。

そして、ボランティアさんがたくさんいるので、いろいろ教えてもらえます。

 

 娘は、歩きだしてから・・・ハジメテの動物園だったかも。

動物への理解、関心はあるので、説明しておきました。

 

私「動物園っていうのは、うさぎさんとか、ぺんぺん(ぺんぎん)がいるんだよ」

娘「わかった!ぞうたんいる?」←子どもの憧れ

私「ぞうは、いないかもなぁ」

娘「かばたんはいる?」←いないないばぁのかばの歌にはまってる

私「かばも、いないかもな~」

娘「わんわんいる?」←え、それって動物園で?

私「うーん、展示はされてないな」

娘「もー、わかった!!」

 

何かに、お怒りの様子だけど、大丈夫でしょう。笑

 

息子、5歳、スタンプラリーにはまる

酉年スタンプラリーなるものを開催していた、園内。

水生園もいかないとコンプリートできないので、

今回はできなかったのですが、

息子、スタンプラリーに夢中。

 

ひとりですたすた歩く。

 

で、動物みない。(あるある)

 

娘、1歳、兄を追いかけ、リスを追いかける

娘はスタンプラリーに夢中な兄を追いかけ、すべてまねっこ。

1歳にしてスタンプラリー完璧に押しました。

上下も間違えず、押す前に「ママ、どこ?」って押す場所を聞く。

 

で、ここの動物園、「リス園」という放し飼いになっているリスの中を歩くアクティビティがあります。

 

檻の中に人間がはいっていく体験型です。

 

兄はわりと苦手で、この小道小走り。

妹、大ハッスル。

 

二回、40分ぐらい。  

リスもびっくり。

 

総括すると、

子どもにとっても親にとっても、

小さめな動物園だと体力ついていけるので安心。

 

また、帰国したときは行こうと思います。