初めての駐在~違いと変化を楽しむ暮らし

転勤で2016年から3年限定でフィリピンで暮らしています。日本では体験できないおどろきの毎日!

準備~不勉強をくやみつつ楽しんだ、英会話教室

英会話教室

普通に高校まで英語を勉強したかたには不要なはなし。

私は英語ができないので英会話教室に行くことにしました。

夫がひとこと、「英会話いってきて」と。

 私の英会話いや、頭の中に英語という言葉がないことを知っていました。ええ。

 

なお、フィリピンで英会話教室、かなり安い?らしいです。

でも、私は子どもがいるし、時間も限られている、

慣れない地で不安だったので、日本でかよいました。

 

英会話教室の見学

ぶっちゃけます。

 

期間は3か月

可能な限り少人数、できればマンツーマン

1歳に満たない娘がいるので、日中のクラス受講のみ、夜は不可

 

大きなターミナル駅にある英会話教室検索しまくって、口コミも読んで、

体験予約して、こうなりました。

 

G 30回コース 約30回

デイタイムというコースにした記憶があります。

 

比較先は下記の通りです。

 

B  3か月 50万~(改札でてロータリー先すぐ)

A  3か月 35万、グループならば30万(駅改札でてすぐ)

C塾 3か月 30万(立地が駅から遠かった)

 

B社は講師が全員ネイティブで、録音とかもされてて、

ビシバシやってくれそう!英語できるようになりそう!(錯覚)と思ったけれど、

この値段ではまったく手がでませんでした。

会社の提携割引もありましたが、効果なし。

 

A社は立地最高、じつは家族が通っていたこともあります。

家族は、3年以上通っていまではバリバリ話ができる、それぐらいです。

そして、超大手なだけあり、教材が教科書なみ。

体験の先生には、中学生レベルの文法から丁寧に訂正されてしまう。

私がほしいのは、文法力ではない。聞き取りとノリ。

私の行った店舗は12時オープン、日中のマンツーマンレッスンは組みにくそうでした。

 

C塾は見積もりだけもらいましたが、体験に行くのも遠かったのでやめました。

 

それは厳しい戦いだった

G社の体験ですが・・・。

 

12月末、体験レッスンに行きました。たしか、29日とかだった記憶があります。

①日本人スタッフによるコース説明とカウンセリング(楽しい30分)

②専門の判定講師によるレッスン(魔の40分)

③スタッフと講師によるFBと料金案内(疲労感ただよう30分)

 

①コース説明とカウンセリング

私の担当だった男性スタッフは明るく、丁寧でした。

私の残念な中学英語の話をして、4月か5月にはフィリピンに行くことを伝えました。

 

②専門の判定講師によるレッスン

そして、ダンディーな外人が登場、ブースへエスコート

キンコーンカンコーンでレッスンスタート。

 

まずは先生の自己紹介、

つぎに私の自己紹介、そこから質問責めに。

聞き取れない単語はパードンや、ワッチューミーンで逃れて会話。

とにかく、話しかけられても答えられないから、

なるべくイエス・ノーで答えさせてほしい。理由とか聞かないでほしい。

そんな感じで、40分終了。変な汗かいた。

 

③スタッフと講師によるFB

 ほかの英会話教室の体験は、持ち上げられました。

よいしょされたってことです。

「思っているほどではありませんので、コースはレベル5で」とか、

「理解できていますよ、英語もききとれています」とか。

 

でも、ここ・・・

「英会話初心者ではないけれど、なんとか乗り切ろうという感じが伝わります

 外国の人と話をするためにもレベル2からスタートです」

 

かなり、現実捉えてくれていました。笑

 

英会話教室のスタート

年明け早々、スタートです。

初心者向けという女の先生、フィリピンクオーターらしい。

わーフィリピンいくの!みたいな感じでスタート。

 

ぉぉぉぉ、テキストのまねっこのはずが全然しゃべれない。

 

テキストがステップ踏む感じなので、

20分後にはしゃべれている気分になってくる。

 

発展問題(テキストをネタにしたフリートーク)でまたしゃべれない。

 

こんな40分でした。

 

でも、負けていられない。

だって、お金払っちゃったんだもん!

(ここの教室は、値段ホームページ通りでした。それ以上もとられないし、逆に言うと割引もない。チケット制でリミットがある私には勧誘もありませんでした。)

 

というわけで、平均週2回、多いときは4回通いました。

 

8回目ぐらいで、

おもしろい(これに集約される)カナダ人、

御岳山に毎週キャンプにいくアメリカ人、

素朴なのにライトセーバー手づくりしてるアメリカ人、

といった、私と話のノリや、相性がいい人がみつかりました。

 

毎回違う先生を指名するのもいいのですが、

自己紹介が飛ばせる分、フリートークができるのと、

この3人、やたらグルメだったので「おいしいジェラート屋の話」とか、

「おいしいたこ焼きの作り方」とかでもりあがりました。

さらに「森の中での洗濯の干し方」という

生きている間に、きっと絶対に使わないだろう話も聞きました。

 

そんな感じで、決まった人を指名して、楽しんでいるうちに、

【英語を発すること】が怖くなくなりました。

 

私の英単語を駆使すれば、

こんなにも人とコミュニケーションがとれるようになるんだ!と。

 

はじめての経験。

もともと、人見知りはあまりしないのですが、言葉が違っても分かり合える。

楽しくて、最後のレッスンは涙、涙でした。

 

なんか、長くなってきた。

まとめると、コミュニケーションって言葉ではなく気持ちだ!

 

(え、英会話教室行ってこのまとめでいいのか?!)

 

お世話になったのはこちら

www.gaba.co.jp