読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての駐在~違いと変化を楽しむ暮らし

転勤で2016年から3年限定でフィリピンで暮らしています。日本では体験できないおどろきの毎日!

引っ越し③~自分のために語り掛けておく

過去の自分に言っておきたいこと

今、言えるならば、教えてあげたいこと。

かなしいかな、時は戻れない。

 

大型家具持ち込みに気を付けろ

コンドミニアムは、

家具家電付き、家具なし家電あり、家具家電なし、

いろんなタイプがあります。

 

そして、ここはフィリピン、規格が違う。

 

●引き出し式ゴミ箱ストッカー兼用

大型の上、置き場に困っております。

なぜいらないか。

フィリピンに分別の文化がないからです。

ゴミは分別するがあたりまえですよね。

でも、フィリピンは、分別ありません。

ゴミ、ビン、新聞・段ボールぐらいのざっくり分別。

しかも、ゴミ捨ては各フロアにシューターがあるので、

時間さえまもればすぐにゴミ捨て可能。

 

●無印の引き出し

棚に収納してひきだしとして活用しようと思った無印の引き出し。

我が家の棚にはどこにも規格があいませんでした。

無印スケールは世界どこでもつうじるわけではなかった。

引き出しをいれるとドアがあかないとか、

奥行きがたりないとか。

むしろ、奥行きがありすぎて奥まってしまう。

前陳しようにも・・・。

うまく使えません。

日本において来ればよかった。

 

●布団の下に敷くマットレス

日本ではお布団を敷いて寝ていました。

夫がマスターベッドルームのキングベッドの横に二枚ぐらい布団おけそうだから、

そこにマットと布団で眠れば?と言われ、

マットレス(日本でつかってたもの)を持ってきました。

が、

怪力の私、セカンドベッドルームのベッドについていたマットレスを持ち上げ、

えんやこら運び、マスターベッドの横にドカンとおきました。

以上でマットレスは不要となりました。

 

マットレス2組で段ボール4箱分つかったぞ・・・。おい。

今は、箱にいれて保管中。

ほしい人いませんか。笑

 

●ベビー布団

1歳の娘が昼寝を求めるとおもってベビー布団を持ってきましたが、

ベッド生活のためベビー布団使いません。

リビングで寝ること、ほとんどありません。

あったとしてもソファー(ちょっとしたベビーベッドより大きい)で寝ています。

欲しい人、いませんか。(二回目)

 

●変圧器の必要な家電

具体的に言うと、ハンドミキサーと電動カッター。

電池じゃうごかないもの。

変圧器(ごつくてでかい)を3つつかっていますが、

ひとつはほぼ炊飯器専用です。

炊飯器を使うとそれ以外のもの使うことできません。

 

ってことは、ごはんジャーにいれているときはキッチンの変圧器がつかえない。

もう一つもパン焼いているときは使えないんだよね。

 

パンつくって、さらにケーキなんて作らない。笑

ってことで、ほしくなったら現地でかえばよかった。

 

あってよかったもの

〇変圧器

現地で買うこともできますが、届いたらすぐ開封、使える。安心感。

重たいし、大きいけれど、我が家には3つあります。

キッチンにひとつ、キッチンに近いダイニングにひとつ、リビングにひとつ。

 

〇ちょっと小分けできる収納家具

ダサい話ですが、3段ストッカーをひとつ持って行ったところ、

ここでも使いたい、あそこでも使いたい!って感じで大活躍。

結局、友達のところから2つもらって、3つ大活躍しています。

日本人は細かい収納が好き。

今後、もらえる機会があれば、洋服ダンスの下にもう2つぐらい入れたい。笑

 

ジョイントマット

日本の家では娘がハイハイしていたので大量のジョイントマットを敷いていました。

こちらに来る頃はもうしっかり歩いていたし要らないかなぁと思ったけれど、

持ってきました。

これが、わりと成功。

何が成功かというと、玄関がない海外の住居において、

ジョイントマットをひくことで「玄関アピール」ができる。

玄関アピールすると、業者もみんな靴をぬぐ、そこで靴下をはくとかしてくれる。

子どもも、土足エリアが一発でわかる。

 

が、一時帰国後、

ジョイントすると娘がはがして掃除ごっこをするため、ジョイント解除しました。

だれかいりませんか(三回目)

 

これぐらいかなぁ。

また、思い出したら追加します。

 

要らない服とかもたくさん持ってきたし、

開けてみたら「娘、サイズアウトしてるじゃん」って服もありました。

 

だからこそ、見極めは日本で。

段ボール入れる前に見極めがいいですね。

と、いいつつも、そんな時間ないのわかります・・・。