読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての駐在~違いと変化を楽しむ暮らし

転勤で2016年から3年限定でフィリピンで暮らしています。日本では体験できないおどろきの毎日!

新居さがし①~夫に任せた

準備 フィリピン

初めての駐在、住まいはどうする

駐在がきまってから

「フィリピン治安」と「フィリピン住まい」を検索しすぎて、

私のパソコンはフィといれるだけで、上記のチョイスがでるようになってました。笑

 

住まい、どうやってきめたのかを簡単にまとめておきます。

 

夫の職場の近く

夫の希望により、職場の近くに、となりました。

幸い、職場の近くはコンドミニアム(家具付き・家具なし)があふれている居住地帯。

コンドミニアムもほぼ一択でした。

 

会社の下見のあと、夫が下見

会社の人事部の人が会社や幼稚園、小学校をすべて下見して、

書類や、間取り、ブローカー連絡などすべてしてくれました。

その後、2016年2月にお忍びで夫が下見に行きました。

 

下見の際、いくつか物件をまわってきてくれました。

夫は頼んでいないサイズの部屋の見学につれていかれたり、

ブローカーとともにオーナーさんにも合うので、

一日に何人もの人にあって、大変つかれていました。

 

写真も毎日送ってくれました。

・何か、このテーブル大きいね

・なんで壁にこんなでかい絵がかざってあるの

・個人宅にワインセラー要らないんだけど

・え、まだ建設中の建物に見学いったの?

 

結局、夫が会社に一番近いコンドミニアムで、

何かあったときに階段を使えるようにとのことで低層階に住むことにしました。

(低層住まいは正解で、半年でエレベーターは2回ほど止まりました)

 

すべてお任せ

新居探し、夫に任せていました。

 

家族4人の我が家は、

間取りは2ベッドルームという作りです。

2つの寝室と、LDK、シャワー&トイレが2つ。あとは、メイドさんのお部屋があります。

 

フィリピンの不動産ブローカーさんは、日本のような間取 り図は用意しません。

そのかわり、白黒写真とテキストでかかれた設備一覧を準備してくれます。

 

・one Dining table

・6Dining chear

・1 sofa

・two arm sofa

 

こんな感じ。

統一感ゼロのフォントで、

「え?!リビングダイニングにsofaだけで3つ?!」みたいな感じ。

 

衝撃的かつ、イメージつかない新居探しでした。

 

新居探し、役に立ちませんでした、、、よね。すみません。

 

タイムラインとしては、

2016年1月 ブローカ決定

2016年2月 見学→決定

2016年4月 入居

でした。

 

新居探しが①になっています。

そう、②があります。

でも、②は入居してからのことなので、探しにはあたらないかもしれませんが、

探すにあたって心構えになると思うので、②にします。