初めての駐在~違いと変化を楽しむ暮らし

転勤で2016年から3年限定でフィリピンで暮らしています。日本では体験できないおどろきの毎日!

引っ越し②~出したら受け取る、これ基本

出したあとは、受け取り

引っ越しは、出しただけでは終わらない

受け取りをして、片づけて、はじめて引っ越しが終わります。

 

見たことのない家に引っ越すという危険

一歩も踏み入れたことのない家に、

荷物を送り、その荷物を受け取って、配置する。

 

夫も大変だったと思います。

届いた航空便、とりあえず出して、棚に入れたって感じだったもん。

 

私たちが到着して3日後、とつぜんその日はやってきました。

そう、船便1便目(ついでに航空2便目)が届いたのです。笑

 

ダンボールと組み立て家具

IKEAで買った家具(おもちゃ箱×2、くつばこ×2)を含む段ボール40個。

 

とりあえず搬入されて足の踏み場はありません。

しかし、段ボールから荷物を出して、

壊れていないかを確認しないと、業者はかえってくれない。

段ボール残していいと言っても

「これがGキブリの住処になってしまうから」

「この箱になぞの虫が卵産んでるかもしれないから」とのことで、

段ボール置きはNGだそうです。(日●通●さん、すごい徹底していたしてきぱきだった)

 

そんなわけで、家の中は荷物だらけ。

予想よりも早めにおわったぽい荷物出し。

 

日本人のオジサマが「何かお手伝いしましょうか」と。

「じゃぁ、これ、組み立ててください」と、

IKEAのおもちゃ箱とくつばこをお願いしました。

 

フィリピン人の作業員さんが5人いたのですが、2人ずつに分かれて作り始め。

時々日本人のおじさんがこっちだよ、あっちだよ指示してる。

余った作業員さんはゴミをまとめている。

 

40分ぐらいでできあがりました。感謝。

設置、掃除して、彼らはかえっていきました。

 

残された、部屋と私と荷物

一回目の搬入は、まだフィリピン歴浅い私のために、

夫が同席してくれました。が、仕事があるので「いってきます」と。

 

・・・リビングとベッドルームに大量の荷物。

残された、私(たち)。

 

とりあえず、なんとかするために適当に振り分け、座る場所を確保。

泣く娘を放置。

出てきたおもちゃで遊ぶ息子。

 

夕方はどうにもできなくなって、セカンドベッドルームに荷物を入れて、

とりあえず過ごせるようになりました。

 

そして我が家は

お手伝いさんが来るようになる7月まで、

荷物は手がつけられず、ゴチャっとしたまま暮らしていました。

 

そもそも、私たちが住んでいる部屋は家具が多め。

間接照明の数がすごく、ほとんどをメイド部屋におしこんであります。

おしゃれすぎて使いこなせない椅子と引き出しはセカンドベッドルーム。

 

物だらけの家となりました。

 

引っ越しは、出したら受け取る。

受け取ることも想像して、注意したほうがいいことを書いておきます。

 

長くなったので、次の記事で。