初めての駐在~違いと変化を楽しむ暮らし

転勤で2016年から3年限定でフィリピンで暮らしています。日本では体験できないおどろきの毎日!

引っ越し①~見積もりから搬出まで

やっと引っ越しの記事にたどりついた

 

引っ越しの話なのに、このイラストを選ぶあたり、

荷物やゴミが多かったことを感じ取っていただければと思います。

f:id:kaori901-t-s:20170115223828p:plain

我が家のフィリピン行きは、2016年6月。

 

見積もりきてもらった

引っ越しの見積もりにきてもらったのは・・・2016年2月半ば。

夫の着任は2016年3月末・・・。

 

夫は多少の荷物は自分で持っていくといってくれたこともあり、

航空便も船便も2回にわけることにしました。

 

我が家が利用した業者さんの場合というか、夫の会社の場合は、

航空便は飛行機を利用するので、マックス段ボール2箱が限界でした。

それを2回にわけたので1箱ずつ。

 

船便は段ボール100箱ぐらい可能だったのかな。

国内の引っ越しよりもずっと大きな段ボールだったので、

かなりたくさん詰め込むことができました。笑

なお、段ボールに詰める作業は業者さんがしてくれます。

これは、こわれもの対策と、中身を税関に申告しないといけないからだそうです。

 

ここまで聞くと、

「なんだ、楽々パックじゃん」と思われるかもしれませんが、

私・・・すごく大変でした。

 

引っ越しが大変な理由

まず、家の中のものを分けなければいけません。

・急いで運ぶもの

・運ぶもの

・使うもの、使っているもの

・コンテナ行くもの

 

それに加えて

・新生活にそなえて新たに買うもの(変圧器、物干し、食品など)

・これから必要になりそうなもの(子どもの靴、おむつサイズアップなど)

・もう使わないものを捨てる(洋服、棚など)

 

家の中はごちゃごちゃです。

それでなくても、すごいのに・・・笑

 

そして、この引っ越し以外にも、

予防接種、息子の幼稚園、習い事・・・パニックでした。

 

このすごい状況を乗り越えられたのは、

【私の実家と自宅が、徒歩10分の距離】だったからです。

 

夕飯食べさせてもらう、お風呂を手伝ってもらう、

娘をあずかってもらって荷物をつくる、買い物に行く、

本当に助かりました。

 

ラスト一週間のときに、

友達がマックに連れて行ってくれたのも助かったなー。懐かしい。

 

我が家の荷物出し日程

航空便① 2016年4月半ば

船便① 2016年4月末

航空便②船便② 2016年5月末

コンテナ行 2016年5月末(航空船便の翌日)

 

引っ越しって、大変だ・・・。

 

見積もりからあっとゆうまに搬出、

海外にいくっていうのに、こんなドタバタと引っ越ししたと思うと、

いまさらながらびっくりです。

 

次の引っ越しはもっと余裕をもつためにも、

荷物を減らしたいと思います・・・。

(本当かなー)