読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての駐在~違いと変化を楽しむ暮らし

転勤で2016年から3年限定でフィリピンで暮らしています。日本では体験できないおどろきの毎日!

yokoso日本~一時帰国の病院

憧れの日本、一時帰国

一時帰国。

この言葉は駐在中の、唯一の「こころの支え」と言っても過言ではありません。

 

なぜって?

日本って、何を食べてもおいしいから。笑

 

いま、一時帰国中なので、

ほかにいろんな記事は書き溜めているのですが、

先にこちらをアップします。

 

はじめての一時帰国

はじめての一時帰国は約半年後の2016年11月でした。

スケジュールとしては、

11月半ばに子ども2人+私で帰国

12月末に夫がやってくる

1月初旬に4人で戻る

こんな予定でした。

戻ることができなかった・・・というのは次のブログにでも書こうと思います。

 

帰国したら、あれしたい、これしたい、あれ買おう、これ買おうと、

半年間思いを募らせて、ムフムフしていました。

 

でも、実際、一時帰国するにあたって、

一番大切なことは・・・

 

【病院めぐり】でした。

 

我が家のTO DOリスト

ほんと、今日もつまらないブログですが・・・。笑

 

★必須

追加の予防接種(子ども×2人)

健康診断(大人)

乳幼児健診(子ども×1人)

歯科検診(子ども×2人、大人×2人)

 

おわかりいただけますでしょうか、

予防接種は2回必要だったのですでに2日消化。

健康診断と乳幼児健診で2日消化

歯科検診4人でどうまとめても3日消化。

 

すでに帰国のうち1週間は予定がうまりました。

 

☆季節や年齢による

インフルエンザ予防接種(子ども×2人、大人1人)

卒乳対応(3回セット)

子どもの薬もらいに回る(皮膚科×1人、耳鼻科×2人、小児科×1人)

 ※息子は喘息と中耳炎、娘はアトピ疑と中耳炎

 

ここで少なくとも、また一週間分の予定が使われました。

これで、二週間分、14日間は病院めぐりとなりました。

 

さらに、

我が家の場合は、

・私の歯が欠けていたため、追加で2回通院。

・帰国して2週間後から子どもが鼻水祭。毎週1回、3週連続通院。

・12月末には兄インフルエンザからの妹インフルエンザ。

また、7日消化しました。

 

え、滞在中21日も病院だったて。笑

 

まとめると・・・

●スムーズな受診のために事前に検討イメージしておく

●どこかで予定が崩れてもリカバリーできるように余裕もっておく

 

そして・・・

●住民票がないので小児医療費はすべて自費です

(だいたい小学生以下ってどこも無料だよね?)

 

 一番おーいと思ったのが、乳児検診ね。

住民であれば無料なんだけどね、住民じゃないわけよ。

 一時帰国だから・・・

 で、受けないと母子手帳が空欄で・・・

 行く先々の病院で「なんで受けてないんですか」って聞かれて・・・

 だって海外に住んでいると健診してくれるところないし・・・自費でな(以下略)

 

一時帰国は病院めぐりになる、でも、安心を手にすることができます。

 

参考までに

なお、フィリピンは日本人医師がいる「日本人会診療所」があります!

日本人会に加入していなくても、(少し高くなるんだけど)利用できます。

受付も日本語対応、診察も日本語対応。フィリピン人看護師さんも日本語ができます。

 

何度助けられたことか・・・ありがたや。

The Japanese Association, Manila Inc. - Clinic About

 

でも、残念?なことに、我が家からは渋滞まきこまれなくても一時間弱かかるのね、ここまで。そして、待ち時間も長いことがおおくて。

我が家は病院にいくと、一日つぶれます。

 

日々、自分や家族の健康のためにできることはやっていきたいし、

何かあっても行く病院があるのは安心ですが、

日本での医療は何物にも代えがたい!とおもった一時帰国でした。